多嚢胞性卵巣症候群の処方にされるベジママのピニトール

世界で注目されるベジママのピニトール

 

 

世界

 

 

ベジママのピニトールは体内でカイロイノシトールという成分となり妊活をサポートするのですが、

 

海外では、多嚢胞性卵巣症候群たのの治療にピニトールが処方されいています。

 

 

 

 

多嚢胞性卵巣症候群は肥満を伴うことが多く、日本人の場合は見た目は太っていない隠れ肥満なのですが、

 

生理異常、ホルモン値異常とともに、肥満からくる血糖値の異常もでてきます。

 

ピニトールは、「植物性インスリン様物質」とも言われ,血糖値が下がりにくくなる原因の低下したインスリン感受性を改善し、血糖値を下げやすい状態へと戻すのを助けてくれます。

 

そのため糖尿病の改善にも効果があるとされているのですが、多嚢胞性卵巣症候群はインシュリンの異常が関係していることから多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果があるというわけです。

ブーゲンビリア

インドの民間療法では、ピニトールを含むブーゲンビリアの葉が抗糖尿病薬として用いられており…

 

ハムスターの実験では、高脂肪・高コレステロール食をあたえられたハムスターにピニトールを投与すると肝臓の保護が認められ、ピニトールには抗酸化活性があるという報告もあります。

 

また、カイロイノシトールはアルツハイマー病にも副作用がない治療法として期待されているほか、アンチエイジング効果も期待できるとされ、注目が集まっています。

 

蕎麦

カイロイノシトールは蕎麦にも含まれているので、お蕎麦をよく食べるようにすると妊活にいいかもしれませんよ~^^

 

ベジママの公式ページはこちら