妊活サプリ

関西鉄工がなぜ植物工場を?ベジママ誕生ストーリー

関西鉄工株式会社は昭和21年設立という半世紀もの歴史をもつ古い会社です。

 

このHP画像をみていただければわかるように、妊活葉酸サプリ「ベジママ」とは縁もゆかりもなさそうな感じです。

 

フィルター

 

でも、近年、関西鉄工ではこれまで培ってきた技術を使って植物工場の運営にのりだしました。

 

この特殊な水耕システムの植物工場をクリーンファームとよび、強い生命力を持ち、ミネラル分が豊富に含まれる、新しい野菜「アイスプラント」を栽培し研究をはじめました。

 

フィルター

 

そして、アイスプラントに含まれる「ピニトール」が女性特有の疾患や、そのほかの健康に役立つことがわかり、この「ピニトール」で赤ちゃんが欲しいと真剣に考える女性のためのサプリメントを作ることになったわけです。

 

なお、クリーンファームのアイスプラントは通常の栽培にくらべてピノトールの量が多いことがわかり、ピニトールをふんだんに使った「ベジママ」が誕生したということです。

 

さきほどの関西鉄工の会社のHPですが、はっきりいって古い感じがしますし、会社の沿革にもベジママのことが一切出てこないのが気になりますが、なぜか親近感がわくので不思議です。直接、担当者の方からもお話をうかがいましたが、とても親切で丁寧に様々な質問に答えていただきました。
そのお話は、また後でご紹介しますね。

 

では、以上、ベジママ誕生ストーリーでした!

 

関西鉄工のピニトール配合の「ベジママ」はこちら