多嚢胞性卵巣症候群と流産!?ピニトールの役割は?

多嚢胞性卵巣症候群と流産、ピニトールで克服!


ベジママ


多嚢胞性卵巣症候群と診断されて、自然妊娠で子を授かっているママはたくさんいます。
 (チェック⇒多嚢胞性卵巣症候群をのりこえママになった芸能人のまとめ


しかしながら、多嚢胞性卵巣症候群の妊婦さんは、流産をするリスクが高いと言われています。

多嚢胞性卵巣症候群の原因がはっきりしていませんが、ストレスや高血糖などが原因と言われています。


ストレスが原因かもしれない多嚢胞性卵巣症候群



海外では、ピニトールという成分を多嚢胞性卵巣症候群の治療に処方され効果が認められています。

またピニトールは、古来よりインドのアーユルヴェーダでも利用されてきた植物の天然成分です。

グラシトール

日本では、ベジママのほかにアグリ生活さんの「グラシトール」というサプリに、ピニトールを配合されています。
(ベジママと同じように自社工場のアイスプラントを原料に作られています。)
血糖値改善のためのサプリということなので、多嚢胞性卵巣症候群と糖尿病は密接なつながりがあるのですね。

リーンリゾルツ

ほかにも、Amazonの個人輸入品として販売されているリーンリザルツというサプリにピニトール配合されています。

ベジママは、葉酸サプリとしてピニトールを最適量、配合しており、ほかの葉酸サプリでなかなか結果が出ない方は、ベジママにしてみるとよいかもれしれませんね。

フィルター



ベジママの公式ページはこちら