多嚢胞性卵巣症候群を克服した芸能人は?

多嚢胞性卵巣症候群をのりこえママになった芸能人のまとめ

 

 

多嚢胞性卵巣症候群をのりこえママになった芸能人をまとめてみました。

 


<p style=ー" />

山本モナさん 2012年第一子ご出産

 

 

釈由美子

釈由美子さん 2016年現在、第一ご妊娠中

 

 

神戸蘭子ー

神戸蘭子さん 2016年第一子ご出産

 

 

大和田美帆

大和田美帆さん 2015年第一子ご出産

 

 

矢沢心

矢沢心さん 2012年第一子ご出産

 

みなさん、多嚢胞性卵巣症候群と診断されたのにもかかわらず、子授かっておられます。

 

ベジママを飲んだというわけではないので注意してくださいね^^

 

芸能人の方も食事や健康などにいろんなことに気をつけて努力をしているということなんです。

 

 

なんだか励まされますね^^

多嚢胞性卵巣症候群とは?(ベジママ)

多嚢胞性卵巣症候群は、日本人では20~40歳くらいまでの妊娠可能年齢の女性の5%~10%の人がかかるといわれている病気です。

 

肥満をとともに悪化するのですが、日本人では見た目はそんなに太っていないことも多いようです。

 

多嚢胞性卵巣症候群になると、生理異常とホルモン値異常がおこし、卵巣の中に、多くの卵胞が育つことなくたまってしまい、うまく排卵ができなくなります。

 

エコーでみると、卵巣の中にプチプチした卵子の入った袋(卵胞)がたくさんできているのが見え、多嚢胞性卵巣症候群とわかることが多いです。

 

自覚症状としては、ホルモンバランスがくずれるため、男性ホルモンが増えてニキビが増えたり、毛深くなったり、生理不順になります

 

多嚢胞性卵巣症候群は、妊娠した場合に流産や早産のリスクが高まることから、気になる症状があるようなら早前に対処しておくことをおすすめします。

 

治療方法は、まず、食事療法で体重を減らすことからはじめます。
または、低用量ピルなどで、ホルモンバランスを整えたり、クロミフェンという内服薬で排卵をおこして生理周期を整えるなどします。

 

海外では、この多嚢胞性卵巣症候群の治療にピニトールを使用することもあります。

 

また、ピニトールは血糖値にも作用することがわかっています。

 

ベジママには、このピニトールが配合されているので、葉酸を摂取しながら、卵巣にも働きかけてくれると同時に、糖尿病予防にもなるサプリです。

 

多嚢胞性卵巣症候群にも効果があるかも?私の体験談はこちら